在宅ワークを広めるためには

今は以前に比べて在宅ワークが一般化してきていいます。5人に1人が在宅ワークに興味があると答えたという調査があるくらい、今は色んな事情から在宅ワークをして少しでも収入を増やしたいと思う人がいます。今はインターネットが発展したこともあり、インターネットを利用した在宅ワークも少なくありません。場所をとらず、必要な物もパソコンくらいです。簡単な環境で始めることができるインターネットの在宅ワークは、多くの人が在宅ワークを始める可能性がある方法です。今は色んな在宅ワークがありますが、それでもまだまだ在宅ワークに関しての情報が少ないし、仕事を見つける方法が定着してません。そのため悪質な在宅ワークを提供する業者もあったりします。

小さな子供がいて外に仕事に出れない人や事情があって外で働くことができない人にとって、在宅ワーク事情がもっとオープンになればさらに利用する人が増えると思います。そして結局は社会的にもプラスになるので、もっと在宅ワークに興味がある人にとって道が開けることが重要です。在宅ワークを広めて定着させるためには仕事を増やすことや、情報公開をすることももちろん大事ですが、税金対策も重要です。今はフリーランスとして生活する人も増えていますが、初心者にとって特に大変なのが税金対策です。毎年の確定申告はもちろんですが、帳簿の付け方や経費対策など、難しいことがたくさんあります。そういった税金対策が難しいために、確定申告が必要になる年間所得38万円を超えないように調整して働く人もいます。

そうなるとせっかくの稼ぐチャンスがもったいないので、初心者にとっても税金対策が分かるようにサポートする機関が増えることを望みます。私自身も実際に家で在宅ワークを行っていますが、確定申告がわずらわしいのと良く分からないために、年間所得を調正して働いています。もっと働いて稼ぐこともできますが、確定申告のために費やす時間等を考えた時に今は少し収入を抑えて働くことにしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ