在宅ワークの定義やそのメリットとデメリットなど

在宅ワークといっても人によって形態は違うでしょう。本業でやっている方もいれば、副業としてやっている方もいます。1日12時間自宅で働いている方もいれば、空いた時間に少しだけ働くという方もいます。職人さんなどは果たして在宅ワークと言えるのでしょうか。工房や店舗が自宅と同じ場所にある場合は少し在宅ワークとは意味が異なるのかもしれません。

在宅ワークとは、自分の生活スペースで働くことを指すのではないかと思います。作業場がリビングになることもあるでしょうし、専用の部屋がある場合もあるでしょう。他人が気軽に見られない場所、居住空間で働いていることを在宅ワークと言うのではないかと思います。

自宅で働くことのメリットはたくさんあると思います。自分の好きなことをやりながら仕事ができること、例えば音楽を聴きながらであったり、食事を食べながらであったり、テレビを見ながらであったり、一般的な職場では人の目があったり、迷惑になる行為であっても、自分だけの個人的な空間だからこそできることがあると思います。反対にデメリットもあると思います。リラックスすべき自宅と、働く場所が同じなので生活にメリハリが出ない、ストレスが溜まりやすいということがあります。自宅にいても仕事のことを考えてしまったり、残業などの概念が無いので働きすぎてしまったりすることもあると思います。緊張感が無いせいで、集中力が出ないことがあったり、誘惑が多かったりして作業が進まないということもあると思います。また、自宅で働くことによって慢性的な運動不足や、日光を浴びていないなど、健康に支障が出る場合もあると思います。人との会話が減ってしまったり、コミュニケーション不足になってしまうこともあるでしょう。

他人から見たら、自宅で働いていると言うとラクそうだという印象を持たれることもあります。好きな時に寝られて、好きな時に食べられる、自由があると思われるのです。職種によっては、きちんとした仕事だと思われないこともあるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ