在宅ワークは過去の経験を活かすチャンスがある

正社員やアルバイトとして働いてきたにも関わらず、離職をしなければならない事があります。離職の理由は様々ですが共通しているのは蓄積してきた経験を有効活用出来なくなるという事です。例えばデザイン事務所で勤めていれば、絵を描いてお金に替える事は出来なくなります。この問題は再就職先を見つけない限り解決される事はありません。そして家から長時間に渡って離れられない事情があれば、何処かの企業へ務めるのは極めて難しいと言えます。その現状を打破するために登場したのが在宅ワークです。

しかし過去の時代の在宅ワークは、労働者としての満足を得られる仕事は少数でした。仕事を渡す側の依頼は単純作業ばかりだったからです。家で仕事を進める人とコミュニケーションを取れる機会は僅かなので、クオリティに問題が生じる事が多いという事情があります。だから重要な仕事を任せる事はリスクが高いと考えられたのです。それが単純作業で低賃金な仕事ばかりを蔓延させる結果になりました。ですが最近では在宅ワークの仕事の幅が広がっています。理由はインターネットとパソコンを使って、依頼主とコミュニケーションを取る事が簡単になったからです。仕事に不備が見つかった場合には、インターネット回線を通して要望を提出出来ます。そして提出する成果物に関してもパソコンのアプリケーションで作成可能です。

前述したデザインの仕事に関しても、パソコンで行うのが主流になっています。以前の貧弱なインターネット回線では、画像ファイルの受け渡しは大変でした。しかし現代の強力なインターネット回線は、画像ファイルの送受信でストレスを感じる事はありません。以上の様に技術発展が影響した事で、在宅ワークの在り方は劇的な変化を迎えたと言えます。家で仕事を進める事が問題ではなくなったからです。オフィスで仕事を進めないSOHOと呼ばれる形態は、今後も増加の一途を辿る事は間違いないと予測されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ