イラストレーターとして活動していくための初期投資

家でできる仕事には最近イラストを描くということが、クラウドソージングなどを通して増えてきています。自分もイラストの仕事をしてみたいと思う人もいるでしょうが、それではイラストレーターになり在宅ワークをしたいと考えるなら用意するものはあるのでしょうか。

まず在宅ワークには、最近ではオンライン環境は必須です。パソコンも必要になりこれまでこれらを用意していない人は、とりあえずその二つを整えることをスタートしましょう。しかし、イラストレーターの仕事を家でやりたいとなれば用意するものにプラスアルファがでてきます。それはまずパソコンですが、イラストレーターとして必要なパソコンのスペックはどのくらいかというと、メモリは最低4ギガは必要になります。できるかぎり多い方が好ましく、自作パソコンでコスト削減をしていくのもいいかもしれません。また、イラストレーターとして在宅ワークをするのであれば、イラストを描くためのソフトをインストールしないとなりません。イラストを描くためのソフトといえば色々ありますが、フォトショやsai、クリスタなどがその代表格ともいえます。これらは自分の仕事のしょしとうしにかどれくらいかけられるかで考えるといいでしょう。

家で仕事の受注をするとなればイラストを描くことに真剣に取り組むことが大切です。なぜなら在宅ワークでは忘れがちになりがちですが、これは契約を交わしたビジネスなので納期までに仕上げられない、求められるクオリティとは違うなどという理由で、仕事を拒否することは基本的に無理なことです。そのためフリーランスとして在宅でイラストを描いていくのなら、プロとしての自覚をもつことがそれで食べていくための大切な足がかりです。まだ受注が少ないとそう言う自覚もないアマチュアもいますが、早いうちからプロとして自覚をもつことでそれが食べていくための仕事として成功する確率があがります。家での仕事はそういう意識からの変化が大切なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ