男性は理屈を好み女性は感覚を好む背景を活かす

男性と女性は同じ人間でありながらも、脳の構造も少し異なれば特性自体も随分と違います。その背景を考えてみると男性は理屈的で女性は感覚的である傾向が強いのです。したがって、その辺を深く掘り下げていけば、女性向け副業としてもうひとつ、他の人よりリードできるのではないでしょうか。難しい話のようにも思えるかもしれませんが、餅は餅屋という格言があるように、やはり女性の好みというものは女性が一番、掴みやすいものです。この事実を鑑みれば、女性向け副業というものは女性をターゲットとして行うほうが効率的であるといえるでしょう。

殿方相手に行う女性向け副業を否定しているわけではありません。殿方相手のものはそれこそ女性にしか行えない仕事なので、有利不利の話ではなく女性特化の仕事であるといえるのですが、そこはあえて外させていただきます。なぜかというと、そんなものはひねりもなく誰でも分かっていることだからです。誰でも分かっていたり気づいているものというものは、出し抜く要素がないので旨みがないのです。逆に気づいている人が少なければ少ないほど旨味があるのは、理屈的にも感覚的にもご理解いただけるのではないでしょうか。

だからこそ、女性向け副業としてはあまり気づいている人がいないであろう、女性が女性に対して行う仕事であるほうが強みがあるのです。誰もが気づいているわけではありませんからね。反対に、男性が女性に対しての仕事をやろうとしたり、女性が男性に対しての仕事をやろうとすると大きなしっぺ返しが待ち構えている可能性が高まるのです。

もちろん、そこは個人の天性の能力や運という要素も絡んでくるため、確実性に関しては言及できるものでもありませんが、リスクを抑えることを考慮にいれればどうしてもそうならざるをえないでしょう。おそらく、こういった事実をしっかりとロジカルに分析できれば、ビジネスというものはもっと成功率が高まるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ